実際に出会う時の注意点

性病の知識と対策について

出会い系を利用すると、不特定多数の女性と出会うことができる。
だが、どんな子がどんな病気を持っているのかは、まずわからない。

性病は、女の子に自覚症状が無い場合が多いのだ。
今では、医学が進歩して、ほとんどの病気を治すことができるが、
HIV(エイズ)のように、いまだ完治できない病気もある。

なので、セックスする場合は必ずコンドームを付けよう!

コンドームを付けると気持ち良さは半減するが、
病気をうつされるリスクを考えると、気持ち良さが半減してでも、コンドームを付けた方が良い。

今ではコンドームも進化していて、厚さ0.01ミリの超薄コンドームもある。
一時の快楽で人生を棒にふらないように、自分の身は自分で守ろう!

また、性病に感染していないか心配な方は、
自宅でできる検査キットがある。
 ・kensa.bizアルバの郵送検査キット性病検査STDチェッカー

以下、代表的な性病について記載しておく。

●HIV感染症(エイズ)
HlV(ヒト免疫不全ウイルス)により感染する。
傷口や粘膜にHIVウィルスが付着するなどで感染する。
感染から発症までの期間が長い(1年~15年程度)ため、感染していることに気づかない場合がほとんど。
病気が発症すると、免疫力が低下し、様々な病気を引き起こし、最悪の場合は死に至る。

対処法は、コンドームを付けることだ。
厚さ0.01ミリの超薄コンドームはこちら

治療方法は、薬剤の使用によって発病を遅らせる方法。
現在は医学の進歩により、発病をかなり遅らせることができる。
うまくいけば、発病しないで寿命を迎えることが可能。
それには、早期発見が大切だ。

性行為をして、しばらくしてから風邪のような症状が出たら、
HIVウィルスに感染している可能性がある。
一度、検査することをオススメする。

検査は、各都道府県などで、無料で実施されているが、
誰にも知られれたく無い場合は、自宅でできる検査キットがある。
 ・kensa.bizアルバの郵送検査キット性病検査STDチェッカー

とにかく、この病気は早期発見が大切だ。
発症を遅らせている間に、新しい薬が開発されて、完治が可能になるかもしれない。
また、現在不安に思っている方でも、検査をして何もなければ、心の負担が無くなる。
少しでも疑いのある方は、すぐに検査することをオススメする。

●毛じらみ
陰毛に”毛じらみ”という虫が寄生し、血を吸って卵を産むことで”かゆみ”が出る病気だ。
おもに性行為によって感染するが、衣類などから感染する場合もある。

対処法は、陰毛部分に1mm程度の虫がいないかどうかを肉眼でチェックすることだ。
それが不可能であれば、女の子がしきりに股間のあたりを掻いていないかをチェックしよう。
また、性行為の前に陰毛をよく洗うことも大事だ。

治療方法は、陰毛を全て剃って専用の薬で殺菌する。
まずは医者に行くのが良いのだが、恥ずかしいという方は、
ネットで殺菌する薬を購入することができる。
スミスリンシャンプー

●クラミジア
クラミジアという微生物によって発症する。
女性の場合は、おりものが増えたり、下腹部に痛みが出たりする。
男性の場合は、おしっこをする時に痛みがはしったり、膿が出たりする。
女性の多くは感染に気づかない場合がほとんど。
対処法は、コンドームを付けることだ。
厚さ0.01ミリの超薄コンドームはこちら

治療は、抗生物質や抗菌剤などで行う。感染の疑いがある方は、医者に行って診てもらおう。

●淋病
感染すると、2~10くらいで症状が現れる。
男性の場合は、おしっこをする時に激しい痛みが出て、精液のような白っぽい膿が出る。
女性の場合は症状が出ないケースがほとんどだが、外陰部のかゆみや、黄色い膿のようなおりものが出ることがある。
口や眼にも感染するので注意が必要だ。
対処法は、コンドームを付けること。また、クンニ(アソコを舐める行為)もしないようにしよう。
厚さ0.01ミリの超薄コンドームはこちら

治療は、抗生物質や抗菌剤などで治療する。

●性器ヘルペス
感染すると、男性の場合は、かゆみを伴った1~2ミリの水疱がペニスに複数できる。
さらに太もものリンパ節の腫れや痛みがおこったり、おしっこをする時に分泌物が出たりする。

女性の場合は、陰部に水疱や潰瘍ができる。
そして、太もものリンパ節の腫れや痛みがでる。
子宮頸管や膀胱にまで感染が広がることもある。
発熱したり、強い痛みで排尿が困難になることも。
対処法は、コンドームを付けることだ。
また、クンニ(アソコを舐める行為)もしないようにしよう。口へも感染する。
厚さ0.01ミリの超薄コンドームはこちら

治療は、抗ヘルペスウイルス内服薬を飲んだり、軟膏を塗って治す。重い症状の場合は、点滴治療を行う。

●梅毒
梅毒の症状は4期に分かれる。
1期(感染して約3週間後)は、痛みのないしこりが、感染したところ(性器、口、肛門、手指など)の皮ふや粘膜にできる。
その後、しこりの中心部が硬く盛り上がる。
さらに、太ももの付け根あたりが腫れてくる(痛みはない)。

2期(感染して約3ヶ月後)は、ピンク色の円形のあざ(赤茶色の盛り上がったブツブツ)が顔や手足にできる。
また脱毛症状が出る。
これらの症状は、3ヶ月から3年で自然に消える。その後しばらく、無症状が続く。

3期(感染して3年以上)は、 無症状か、皮下組織にしこりができる。

4期は、心臓、血管、神経、目などに重い障害が出る。

対処法は、コンドームを付けることだ。
また、クンニ(アソコを舐める行為)もしないようにしよう。のどへも感染する。
厚さ0.01ミリの超薄コンドームはこちら

治療方法は、ペニシリン系抗生剤をそれぞれの症状に応じた期間、服用する。

関連記事

  1. 出会って速攻でエッチまで持っていく方法

  2. デートで好印象を持たれる方法

  3. 会う日までにやっておく事

  4. 女性を虜にするセックステクニック

  5. 出かける前のチェック項目

PAGE TOP